薄毛になり始めたのは18歳の頃から

薄毛になり始めたのは18歳の頃から

私は高校生の途中(17歳くらい)までは、 おでこが狭く、天然パーマで、髪はたくさんありました。

 

あだ名は、「デコ狭(せま)くん」でした。

 

18歳の頃、友達に後頭部を覗かれ、「禿げそうやな」と突然言われました。

 

私は自分の髪が少ないなど全く気が付いていなかったので、 心の中で、「そんなはずは無い」と思っていました。

 

そして、20歳の頃、短く散髪した際に、 髪と髪の間の地肌が丸見えになっていることに気が付きました。

 

このころから、「自分は禿げている」と思い始め、 当時、新発売であった何千円もする発毛剤(リアップ)を購入し、 毎日、発毛促進に励(禿)みましたが、効果は、全くありませんでした。

 

現在、38歳になり、より一層禿げに磨きが掛かり、 自分の写っている写真や自分自身(の頭)を鏡で見るのが辛いですが、 禿げで良い点もあります。

 

それは、髪が少ないので、散髪の時間が10分程度で済むことや、 シャンプーの使用量が通常の人の1/3程度で済むことです。 これからは、禿げと前向きに付き合って生きたいです。(笑)